ボトックス注射で小顔を手に入れる|エラが張っていても大丈夫

ボトックスで小顔美人

それぞれの特性

ドクター

小顔になる施術にはエラボトックス注射とBNLS注射の二種類あります。それぞれの特性を知り、自分がどちらのタイプに合うかということを確認してから施術を受けるようにしましょう。

どこで施術をうけるか

顔を触る女性

エラボトックス注射にもいくつか種類があり、値段に差があることがあります。初回キャンペーン等を設けているところや、アフターケアが充実している美容外科クリニックを選んで小顔施術を受けることをおすすめします。

効果がでる時期・期間

注射

顔周りに脂肪がついていなくても、エラが張っていることでフェイスラインに自信が持てないという人も少なくありません。自分で解消することもできず、コンプレックスを抱えたまま諦めているという人もいるでしょう。エラが張っている人は、筋肉が発達している場合と、骨が突き出ている場合のどちらかが原因です。筋肉が原因でエラが張っているという場合は、ボトックス注射で小顔にすることが可能です。骨が原因の場合はこの施術法は効果がないので、骨を削るという施術を検討しましょう。まずは医師のカウンセリングを受け、自分がどのタイプなのかを判断してもらいましょう。ボトックス注射での施術の場合、数週間から1か月ほどで少しずつ小顔になっていきます。少しずつ変化していくので、美容整形ではなくてダイエットで小顔になったと思われることもあります。エラが張っていると、どうしても顔が大きく見えてしまうので、ボトックス注射の効果により小顔にすることができます。施術時間も10分以内では終了するので、身体への負担もなく気軽に施術を受けられます。場合によっては内出血があらわれるときもありますが、メイクでカバーできる程度です。施術を受けた当日からメイクが可能なので、内出血がでてもすぐ隠すことができます。ボトックス注射の施術を受けたことが知られたくないという人でも安心して施術を受けることができます。

ボトックス注射による施術のメリットには、気軽に受けられるということはもちろん、自然に小顔になっていくということが挙げられます。一気に小顔になるというわけではないので、自然に痩せたような印象になります。咬筋の動きを和らげることができるので、ボトックス注射により歯ぎしりなども改善できます。しかし、咬筋の動きが和らぐということは、力を入れにくくなるということでもあります。そのため、せんべいなどの噛む力が必要な食べ物が食べづらくなるということもあります。施術から時間が経てば解消されますが、施術直後は注意が必要です。ボトックス注射による施術は効果が永久的ではないので、定期的に注射をする必要があります。効果は半年から長くて1年ほどなので、様子をみて施術を受けるようにしましょう。自然に小顔になれるというメリットもありつつ、顎に違和感を感じる可能性もあるということを頭に入れ、施術を受けるかどうか検討してみましょう。

効果を持続させる

注射器

ボトックス注射の効果は永久的なものではありません。小顔効果をできるだけ持続させるためにも、施術を受ける感覚に気を付けたり、どのぐらいの期間効果が持続していたか記録しておくと良いでしょう。

切開法以外にも

顔を触る婦人

最近の小顔施術には切らない施術法もあり、人気を集めています。エラが張っている人でもボトックス注射によって細くできますし、脂肪を取り除いて顎先に注入し、きれいなフェイスラインを出すという施術法もあります。

痛みを少なく

カウンセリング

ボトックス注射は痛みが少ない小顔施術法ですが、元々注射の痛みも苦手という人もいます。そういう人たちには、施術の前後にアイシングをしたり、施術前に麻酔を行なうことで痛みを最小限に抑える工夫がされています。