ボトックス注射で小顔を手に入れる|エラが張っていても大丈夫

婦人

痛みを少なく

カウンセリング

ボトックス注射による小顔施術は、切開法と違い痛みが少なく、気軽に受けられることで人気の施術法です。しかし、元々注射の痛みも苦手という方もいます。そういう人でも安心して受けられるように、美容外科クリニックも対策をしています。ボトックス注射を打つ前に、アイシングをして痛みを感じにくくします。施術後にもアイシングをすることがありますが、こちらは痛みだけではなく腫れを抑える目的で冷やすことが多いです。それでも痛みが心配という人は、施術前に麻酔をしてくれる美容外科クリニックもあるので、カウンセリング時に医師に相談しておくと良いでしょう。医師の判断により、施術前後で対応してくれます。痛みに弱いという人でも、安心してボトックス注射による施術を受けられるように工夫されています。

エラが張っている人でも、ボトックス注射により小顔効果が期待できます。咬筋によりエラが張っている人は、咬筋の働きを弱めることで小顔にすることができるのです。骨が原因でエラが張っている人は、骨を削るという別の施術法を受けましょう。咬筋の働きを弱めると聞くと、食事をするときや表情に不自然さが出ないかという心配もあるかと思います。しかし、経験豊富な医師が在籍している美容外科クリニックはたくさんあるので、ボトックス注射も適切な量を注入することができますので安心です。施術後、かたいものを食べるときに力が入りにくいということもありますが、しばらくすると以前のようにしっかり噛むことができます。表情に関しても、ボトックス注射による影響はないので心配不要です。

ボトックス注射の施術は痛みを感じないように工夫されていますし、エラが張っているから小顔になるのは無理、と諦めていた人でも効果が期待できます。何か心配な点があれば美容外科クリニックに問い合わせたり、医師に相談してみましょう。どのようなタイプの人でも、それぞれに合った小顔施術が受けられるようになっています。諦める前に、一度美容外科クリニックでの施術を検討してみましょう。切開法以外にも、切らずに小顔にすることができる施術法もいくつかあるので安心です。