ボトックス注射で小顔を手に入れる|エラが張っていても大丈夫

婦人

効果を持続させる

注射器

小顔になるためにボトックス注射による施術を受ける人はたくさんいます。ボトックス注射は、効果は永久的なものではありません。できれば、1回の施術の効果をなるべく持続させたいものです。実際に施術の効果はどれぐらい続くのか、それをできるだけ持続させるためにはどのようにしたら良いかということを確認してみましょう。ボトックス注射の効果があらわれるのは、個人差はありますが1週間から2週間ほどで、効果が持続するのは半年から1年ほどだと言われています。注入する量によっても変わりますが、人によっては3か月ほどで効果が弱まっていると感じることもあるようです。効果が持続しなくなる理由としては、何度もボトックス注射の施術を受けているうちに、中和抗体ができることが原因だと考えられています。ボトックス注射の場合、繰り返し施術を受けなければいけないので、中和抗体ができてしまうのは仕方のないことです。しかし、短期間で施術を受けないようにすれば、改善することができます。中和抗体ができにくいボトックス注射を使用している美容外科クリニックもありますので、気になる方は調べてみましょう。

ボトックス注射の施術を受ける人は、多くが半年に1回というペースで受ける人が多いようです。施術は3か月以上あけないと受けることができないので、施術を受けるタイミングは医師と相談して決めましょう。また、ボトックス注射による施術は、回を重ねるごとに小顔の持続期間が長くなります。続けているうちに1年に1回、またそれ以上感覚を開けるということもあります。施術の期間を決めてその通りに受けるということではなく、どれぐらい小顔効果が持続しているかということを確認しながら施術を受けるようにしましょう。

ボトックス注射の施術を受けても、小顔効果が実感できなかったり、何か異変を感じたらすぐに医師に連絡しましょう。そのまま放っておかず、改めて診断してもらうことが大切です。効果の持続性には、注入する量や個人によって差があるので、あくまでも持続期間は目安として考えましょう。施術による効果があらわれたときから、どれぐらい持続していたかということを記録に残しておくとわかりやすいのでおすすめです。次回からはどのペースで施術を受けたらいいのかという目安にもなりますし、持続期間を医師に伝えるとスムーズです。小顔効果を持続させるために、自分でできる工夫をすると良いでしょう。