ボトックス注射で小顔を手に入れる|エラが張っていても大丈夫

婦人

それぞれの特性

ドクター

小顔効果が期待できるボトックス注射のほかにも、BNLS注射を用いた施術法があります。それぞれ使用に向いている人・向いていない人がいるので、自分がどちらのタイプなのかということを医師に判断してもらいましょう。ボトックス注射の場合、エラが張っている人に向いている施術法です。歯ぎしりなどが原因で咬筋が発達し、エラが張ってしまうので、咬筋の働きを弱めるボトックス注射により小顔効果が期待できます。効果は施術から1か月ほど経った頃にあらわれます。BNLS注射とは、脂肪溶解溶液注射のことです。脂肪細胞やセルライトを溶かし、排出する効果が得られます。筋肉痛のような鈍い痛みを感じたり、腫れることもありますが、それらを抑えたのがBNLS注射です。この施術に向いているのが、脂肪により顔が大きくなった人です。二重顎になっている人にも効果があります。効果があらわれるのも早く、翌日から実感するという人もいます。ボトックス注射とは違い、一度の施術で治療を終えるという人も多いです。リバウンドする心配もなく、小顔効果が高いと注目されている施術法です。自分の判断だけでは危険ですので、医師に自分がどのタイプなのかということを診断してもらいましょう。

ボトックス注射とBNLS注射では、施術費用も大きな差があります。BNLS注射の方が安価で受けられるのですが、費用を抑えたいからといってすぐにBNLS注射を選択するのはおすすめできません。自分には合わず、効果が得られないということもあるのです。医師に判断してもらい、施術方法を選択しましょう。また、ボトックス注射は咬筋の働きを弱めるため、場合によってはたるみの原因となることもあります。年齢が高いとたるんでしまう可能性も高まるので、そのリスクも考慮した上で施術を受けるかどうか医師と相談しましょう。自分がどちらのタイプかということを把握しておくことで、しっかりと小顔効果が得られる施術を選択することができます。以前施術を受けたことがある人で、効果を感じられなかったという人がいたら、タイプが合わなかった可能性があります。そのまま諦めず、もう一度カウンセリングを受けてみましょう。医師の判断の元、自分に合う施術法をみつけ、理想の小顔になりましょう。